06:09 2019年06月27日

ロシア、新型ヘリ搭載艦を開発へ

© Sputnik / Grigory Sysoyev
ロシア
短縮 URL
0 81

ロシアは2020年、ミストラル級ヘリコプター揚陸艦に似た汎用ドック艦の開発を始める。状況に詳しい関係筋がスプートニクに伝えた。

スプートニク日本

関係筋によると、ロシア海軍は汎用ドック艦2隻を発注する予定。うち1隻は2025年にも海軍に引き渡される見通しだ。

受注競争でもっとも優れたロシア設計局のプロジェクトが1つ選ばれるという。1隻につき、12から16機のヘリコプターを搭載できるよう設計する方針だ。

2011年、ロシアとフランスはミストラル級ヘリコプター揚陸艦の供給契約を交わした。

ラヴロフ外相、ミストラルは解決済み、この件ではロシアは不満なし
© AFP 2019 / Jean-Sebastien Evrard
ミストラル級強襲揚陸艦

1隻目の「ウラジオストク」は2014年、12億ユーロで購入する予定だった。だがウクライナ情勢と対露制裁を受けて、当時のオランド仏大統領は引き渡しの延期を決定。引き渡しは中止され、2015年、ミストラル級ヘリコプター揚陸艦はエジプトに売却された。

昨年8月、ロシアメディアで国産ヘリコプター搭載艦開発の必要性に関する議論が燃え上がった。マントゥロフ産業商務相は、ミストラル級ヘリコプター揚陸艦に代わり、ヘリ搭載可能な汎用揚陸艦を造船すると発表した。

関連記事

タグ
フランス, 軍事, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント