11:16 2019年11月12日
ミグ35戦闘機

露航空宇宙軍 第4++世代の多目的ジェット戦闘機を軍備

© Sputnik / Ramil Sitdikov
ロシア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
0 91
でフォローする

「ロシア航空機製作会社『MiG』のイリヤ・タラセンコ代表取締役はロシア航空宇宙軍に新型戦闘機ミグ35を2機納品したことを明らかにした。

スプートニク日本

タラセンコ代表取締役は「MiG35のプログラムでは過去3年で本格的なブレイクスルーを行った。最短期間で生産を開始し、テストを行い、2年半の間に研究開発から国防省との契約までこぎつけた」と語っている。

タラセンコ代表取締役の話では2019年末までにさらに4機が軍備に入るが、MiG社としてはさらに別の契約を国防省と締結することを念頭に入れている。

MiG35は最新型の第4++世代の多目的ジェット戦闘機で、空域を制覇し、敵のカバーする対空防衛ゾーンの外側から地上、海上の標的に攻撃を行うことができる。

MiG35の飛行テストは2017年1月26日に実施され、その翌日にはモスクワ郊外で国際的なプレゼンテーションが行われた。

  • ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Evgeniy Odinokov
  • ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Maksim Blinov
  • ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Eugene Odinokov
  • ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Ramil Sitdikov
  • ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Ramil Sitdikov
  • 国際航空宇宙サロンMAKSでミグ35
    ミグ35戦闘機
    © Sputnik / Ramil Sitdikov
1 / 6
© Sputnik / Evgeniy Odinokov
ミグ35戦闘機
トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
タグ
ロシア, 軍事, 武器・兵器, ロシア軍
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント