18:33 2020年04月10日
ロシア
短縮 URL
0 31
でフォローする

通常、隕石は地上30キロ圏内の高度で粉砕することから、こうした現象は非常に稀だといえる。

ウラル地方にまたしても巨大な隕石が落下した。昨日の深夜、スヴェルドロフスク州やチュメニ州、オムスク州、チェリャビンスク州、クルガン州といった地域で、天空の閃光が観測された。

隕石の落下を地域住民が撮影した。動画では非常に稀な現象が撮影された。高度30キロ内の上空で通常隕石は粉砕するが、しかし、今回はそうはならなかった。隕石落下の動画は、ユーチューブチャンネルStarvisorで公開された。

また、ビデオでは、猛スピードの隕石が居住地上空を通過し、それによる鋭い閃光の発生が確認できる。

関連記事

チェリャビンスク隕石の展示ケースが勝手に上昇 ロシア

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント