14:36 2020年09月20日
ロシア
短縮 URL
0 31
でフォローする

16年前の9月1日、テロリストがロシアのベスラン市の学校を襲撃し、1000人を人質にとり占拠する事件が発生した。ロシアではこの日は、現代ロシア史の中で最大の悲劇が起きた日の一つとして永遠に記憶され続けている。

ベスラン市(ロシア連邦の北オセチア共和国)の第一学校で児童や保護者が人質となったベスラン学校占拠事件が起きたのは、2004年。新学年が始まり、ロシアで「知識の日(ロシアの教育機関で最初の授業、特別な集会が行われる日)」と呼ばれる9月1日のことだった。テロリストは1100人以上を人質にとったが、そのほとんどが子どもたちで、地雷が仕掛けられた体育館に3日間閉じ込め続けた。人質はその間、水も食べ物も与えられることはなかった。そして9月3日、ロシアの特殊部隊が学校に突入した。

© AFP 2020 / Yuri Tutov
ベスラン学校占拠事件

この事件で333人が亡くなり、その中には186人の子どもたちが含まれている。この犠牲者のうちの大部分が学校襲撃の際に亡くなっている。また700人以上が様々な重症度の怪我を負った。この中の多くが16年経った今日でもリハビリを必要としている。

© AP Photo / Sergey Ponomarev
ベスラン学校占拠事件

ベスラン学校占拠事件は、ロシア人の間で2000年代に起きた悲劇的な事件の1つに数えられている。この年代に起きた他の事件として、2002年のモスクワ劇場占拠事件、モスクワ地下鉄でのテロ事件第二次チェチェン紛争などがある。

ベスラン学校占拠事件は、ロシアとロシア人にとって実に悲しい事件として記憶されている。2004年に2期目の当選を果たしたウラジーミル・プーチン大統領は、同年に起きたベスランでの悲劇は全生涯において個人的に苦痛を感じるものであると繰り返し述べてきた。

ベスラン学校占拠事件への関心が特に強くなったのは2019年。ロシア人インタビュアーのユーリー・ドゥジ氏が出演した同事件のドキュメンタリー動画(英語字幕付き)が大きな注目を集めたことによるものだった。

タグ
ロシア, テロ事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント