07:54 2018年12月10日
地球

地球にもうひとつの衛星みつかる

© Flickr/ US Air Force
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0

一部の天文学者が、地球にはもうひとつ衛星がある、と主張している。クルイトニーという名前の星。蹄鉄型をしており、地球のまわりを不鮮明な軌道で回っている。

クルイトニーの公転周期は790年。衛星自身の直径はわずか5km。次の再接近は2000年後だという。「Svopi」より。

関連:

春分の日の前日に皆既日食
天文学者 生命存在の可能性を持つ惑星Gliese 581dからシグナルを受け取る
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント