23:10 2018年12月18日
コーヒー

コーヒーは多発性硬化症の進行リスクを下げる

© Sputnik / Evgeny Biyatov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

1日に少なくとも4杯のコーヒーを摂取することで、多発性硬化症が進行するリスクが著しく低下する。メリーランド州ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学医学部の専門家たちは、このような結論に達した。

専門家たちは、スウェーデンと米国で実施された2つの独立した調査で得られたデータを比較した。その結果、コーヒーは硬化症から脳細胞を守るだけでなく、パーキンソン病やアルツハイマー病の発症リスクをを下げることも分かった。

スウェーデンと米国で実施された2つの調査には、多発性硬化症の患者と健康な人々が参加した。調査では、病気の最初の兆候が出るまでの10年間、5年間、1年間に摂取したコーヒーの量に特別な注意が払われた。1000人がこの情報を提供した。

結果、コーヒーを飲まなかった人たちは、1日に最大6杯のコーヒーを飲んでいた人々よりも、病気の発症率が1.5倍高いことが分かった。

専門家たちはまた、コーヒーの摂取が、多発性硬化症の最初の兆候が出るまでの5年間と10年間に、脳の避けがたい変化を防止しているとの結論に達した。

 

関連:

科学者らは巨人族の骸骨を隠滅した
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント