03:23 2017年09月24日
東京+ 19°C
モスクワ+ 14°C
    太陽

    NASA:オゾンホールは今世紀中に縮小、消滅する

    © Flickr/ Micolo J
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 2845131

    30年前には最大の環境問題として認められていたオゾンホールだが、学者らによれば、これは早晩、完全に消滅してしまうものらしい。

    NASAの専門家らが今回行った調査で、オゾンホールのサイズは縮小しており、今世紀中にこの問題が完全に消滅し、人類の抱えるグローバルな環境問題のリストから排除される可能性も十分ある、ということが分かった。

    オゾンホールは1985年、南極調査の際に発見された。オゾン層の破壊が人間にとってどれだけ危険なことかということが、その時に明らかになった。オゾン層が破壊されると、発ガン性放射線が降り注ぎ、人間の健康に悪影響が出る、ということだった。

    事態は深刻であるとの理解から、1987年、モンレアル議定書に調印がなされ、オゾン層の破壊につながる化学物質が、オゾン層を破壊しないそれにとって代わられた。

    タイミングよくそうした手立てが取られたことが功を奏したらしい。かつて1200万平方マイルを数えたオゾンホールは、この30年間で800万平方マイルまで減少した。今世紀中には完全に消滅するという。

    タグ
    NASA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント