01:10 2018年07月17日
米国の学者:宇宙に存在する銀河の数は推測されたよりずっと少ない

米国の学者:宇宙に存在する銀河の数は推測されたよりずっと少ない

© Flickr/ NASA Goddard Space Flight Center
テック&サイエンス
短縮 URL
0 81

米国の3つの大学の天文学者らは、宇宙に存在する銀河の数は、以前に推測されていたよりもずっと少ないと主張している。彼らは、銀河の放射線を研究し、スーパーコンピューターで宇宙の進化をシュミレートした後、そうした結論に達したという。それによれば、我々の世界は、何十倍も「空っぽ」である可能性がある。

コンピューター・シュミレーションにより米国の天文学者が行った調査は、宇宙には恐らく、予測されていたよりもはるかに少ない数の銀河しかない事を示した。なおこの問題に取り組んでいるのは、カリフォルニア、ミシガン、ジョージア大学の研究チームだ。

学者らは、コンピューターモデルを開発し、その助けを借りて、初期宇宙の進化プロセス、つまり銀河の発生と相関関係を再構築した。そうしたシュミレーションの結果は、疑いを確認した。学者らは、明るい銀河のある部分が、独立したぼんやりした銀河と考えられたりしたことも含め、前の計算が間違っていたとの結論に達しつつある。また、以前多くの人が予想した弱い銀河が指数関数的に数を増しているという事も、コンピューターによる再構築では明らかにならなかった。

 

 

関連:

世界記録:ロシアのパダルカ宇宙飛行士 宇宙に2年以上滞在
アサンジ氏 自身をロシアの宇宙飛行士に例える
米国防総省 中国の航空宇宙技術の急速な発展に危機感
ロシア航空宇宙軍が登場
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント