02:03 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    日本の学者ら、ペルーに新たな巨大地上絵を見つける

    日本の学者ら、ペルーに新たな巨大地上絵を見つける

    © Flickr/ Ivan Mlinaric
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 91

    日本の山形大の研究チームがUNESCO世界文化遺産に登録されているペルーのナスカ高原で、動物を描いた巨大な絵図を24個発見した。

    ペルー南部のナスカ市から1.5km北に行ったあたりに、新たに地上絵が発見された。ラマを思わせる動物などが描かれている。紀元前400年から200年のものと見られる。最も大きなもので、長さ20mほど。ジャパン・タイムスが報じた。

    調査を指揮したサカイ・マサト氏は、サイトperuthisweekに対し、次のように述べている。「図像は、容易に見分けがつくような形で、丘の斜面に描かれている。先に発見されていた、より大きな図像とは、使われている技術が大きく異なっている。今回の発見で、ナスカ高原に大昔に住んでいた人たちについて、よりよく知ることが出来るように、期待している」

    図像はナスカ市から1.5km北に行ったあたりにある。そのため学者らは、地元住民が地上絵を見たさに、せっかくの新発見を傷つけてしまうことを危惧している。少なくとも、一部の古い図像が既に何者かによって損傷を受けている。

    日本の学者らは8月にペルーに戻り、調査を再開する。サカイ教授は、新たな発見がなされることを確信している。

    タグ
    日本関連
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント