18:39 2018年07月21日
NASA「第二の地球」を発見

NASA「第二の地球」を発見

© NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 219

NASAは、自分達のサイト上で、ケプラー望遠鏡の助けを借り、その特徴から言って地球に大変よく似た系外惑星を発見したと発表した。その惑星は、様々な指標において太陽に似た恒星の周りを回っており、生物が生息可能なゾーンに位置している。つまり学者達は、この惑星には、タンパク質からできた生命体が存在するための自然条件が整っていると見ている。

この系外惑星の名はKepler-452bと言い、地球の1,6倍の大きさを持ち、所謂「生息可能圏」に存在する。この惑星の軌道は、恒星から水が液体の状態で存在し得るような距離にあり、この事は、タンパク質でできた生命体が存在するために必要不可欠な諸条件を創り出している。この惑星が、恒星の周りを一回りする周期は385日で、この指標に関して言えば地球とは5%異なっている。

関連:

NASA、冥王星の表面のビデオを公開
NASA、ISS近傍をUFOが通過したことを秘匿したとして責められる
NASA:オゾンホールは今世紀中に縮小、消滅する
NASA、火星植民計画コンクールに1万5千ドル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント