17:47 2018年04月22日
東京+ 28°C
モスクワ+ 3°C
    北極

    米国の学者:予想よりも早いペースで海面水位上が上昇している

    © 写真 : Sergey Anisimov, http://www.mamm-mdf.ru/
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    207

    米国の学者者たちは、世界の海水面の水位が、予想よりも早いペースで上昇しているとの結論に達した。気象学者たちは、半世紀後にも、全大陸の数十の大都市が水面下に沈む恐れがあるとして危惧している。

    調査の最新結果は、世界の海水面の水位が、予想よりも25パーセント早い記録的なペースで上昇していることを示した。その原因は、気候変動による北極の氷の溶解だ。複数の学者たちの予測によると、北極の氷はすでに30年後、南極よりも先にすべて溶けてしまう可能性があるという。南極では、氷山が次々と分裂して世界の海洋に溶け込んでいる。

    氷は、パキスタン市場で最も需要の高い商品だ。氷は暑さを和らげるだけでなく、死体安置所にとっても必要なものとなっている。パキスタンでは、異常な猛暑による死者が大勢出ており、パキスタン南部シンドでは、熱中症で1500人が死亡している。インドのスラム地区でも、熱中症などによって1000人以上が死亡した。日陰でプラス46度という気温は、焼けつくような太陽に慣れているアジアの人々にとっても耐え難い。

    欧州はどうだろうか?欧州でも気温が急速に上昇している。イタリアでは、最高度の警戒レベル「レッド」が発令された。動物園では、凍らせた果物が動物たちに与えられ、町では噴水が市民たちの暑さ対策に寄与している。バルカン半島では森林火災が発生している。これらの原因は、地球温暖化のように思われる。

    ヴェスチ・ルーより

     

    関連:

    カムチャツカのトバチク火山で新種のダイヤモンドが発見される
    新たな写真で冥王星の地質が明らかに
    タグ
    北極
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント