17:05 2017年03月24日
東京+ 11°C
モスクワ+ 5°C
    野菜

    調査報告:野菜はもはや体に良くない

    © Sputnik/ Alexey Kudenko
    サイエンス
    短縮 URL
    698713218

    医師らは野菜、果物をよく食べるように勧める。しかし最近は、野菜も果物も、あまりに甘くなりすぎている。それは、成分が変化したこと、もはやそれほど体によくもないことを意味している。デイリーメールより。

    より甘い品種が従来からある品種を追い出している。たとえば、甘いルビーグレープフルーツは白いグレープフルーツより人気だ。しかし白いほうが心臓脈管系に良く働く成分を50%も多く持っているのだ。

    芽キャベツも甘くなった。一部品種が苦い野菜のきらいな子供向に開発されたが、野菜も果物もたいてい苦い方が体にいい。その毒性効果で疑惑のある細胞を破壊することで、癌が予防されるのだ。

    このごろさかんにもてはやされている甘い野菜は、実は、体によくもなんともない「おしゃぶり」に過ぎない、と学者ら。

    タグ
    食品
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      bokebokeboya
      確かに野菜や果物が、だんだん甘い品種にシフトしていっている感じがする。
      これは医食同源の観点から考えると味覚だましであり、あまり感心できない。
      もう一度苦みやえぐみ、酸味もある、食べごたえがある野菜や果物に戻ってきてほしい。
    新しいコメントを読む (0)