12:44 2018年06月20日
地中海ダイエットとオリーブで乳癌のリスクが低減される

地中海ダイエットとオリーブで乳癌のリスクが低減される

© Fotolia / Сarballo
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

地中海ダイエットとオリーブオイルで女性が加齢とともに乳癌を発症するリスクが低減される。このような研究論文がJAMA Internal Medicine誌で発表された。

ナバラ大(スペイン)のミゲル・マルティネス・ゴンザレス氏の研究チームはスペインの高齢女性4000人余りに「食の実験」に参加してもらい、経過を観察した。

地中海の食文化をもとに、3種類の食事療法を試してもらった。一つはオリーブオイルの多用。一つはくるみの多用。一つは欧州式の簡単な食事、ただし油控えめ。2003年から2009年の6年間、健康状態を観察し、乳癌の発生を追った。

結果、オリーブオイル組は、通常より68%も乳癌の発症率が低かった。くるみ組は通常より多くも少なくもなかった。

乳癌を患った調査対象者の総数が少なく、確度100%で「発症率の低減はオリーブオイルによるもの」とは言えない、とは研究チーム自身も認めるところであるが、これらを組み合わせれば女性の健康が改善することは疑いない、とのこと。

関連:

米国の学者ら:早すぎる死の最大の要因はファストフード
ロシアの学者ら、古代の「北極大陸」の痕跡を発見
歴史学者ら「ヒトラーは重度の薬物中毒だった」
学者ら、古代のウィルスの再生を計画
12年間お風呂に入らなかった化学者、垢から作ったコスメを発売
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント