12:27 2018年05月28日
東京+ 21°C
モスクワ+ 13°C
    火星で雪が降る

    火星で雪が降る

    Youtube / Pravda
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 40

    米航空宇宙局(NASA)の学者たちは、火星の南極で雪が降ったと発表した。なお学者たちによると、火星で雪が降るのは珍しい現象ではないが、その撮影に成功したのは初めてだという。NASAの専門家たちは、火星では雪の多い冬がはじまったと発表した。

    火星探査機マーズ・エクスプレスから入手した画像により、学者たちは火星の表面が変化したことをとらえることに成功した。高解像度ステレオカメラを使って撮影した画像では、火星の南極の岩場が雪で覆われているのが見える。欧州宇宙機関(ESA)が伝えた。

    天文学者たちが画像を詳細に調査した結果、火星の雪は地球の雪と大きく異なっていることが分かった。学者たちによると、火星の雪は異常なほど乾燥しているという。なぜならこれは、凍った水と二酸化炭素の化合物で、これが異常なほど乾燥した物質をつくり出したからだ。学者たちはこれを「ドライスノー」現象と名付けた。

    カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所のポール・ヘイン研究者は、「私たちは、火星の雲が二酸化炭素で構成されており、表面に雪の厚い層をつくるのに十分な量の雪が降ることをつきとめた」と指摘した。

    火星での降雪は、かなり定期的な現象だという。なお火星で雪が降るのは南極のみで、かつ一定の期間だけだという。学者たちは、いま火星の南極に冬が到来したとの確信を抱いている。

    先にNASAの専門家たちは、火星の川の自然起源を証明することに成功した。学者たちは、風の動きの地図を作成し、これらの風が山の障壁にあたり、たくさんの乾燥した河床がある場所を確かめることに成功したまさにこれらの場所で、数十億年前に雪が降った可能性が高いという。

    また米国の天文学者たちは、火星で巨大な氷河を発見した。この氷河は、火星の赤道と北極の間に位置している。学者たちによると、氷の厚さはおよそ40メートル。

    2016年1月、ロシアと欧州の火星ミッションが始まる。学者たちは、これによって火星のユニークな特徴に関する重要な情報を入手できることに期待している。なお第2のミッションは、2018年に予定されている。

    タグ
    火星, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント