00:02 2017年08月23日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    日本でGPS付シューズの販売始まる

    日本でGPS付シューズの販売始まる

    © Fotolia/ Valena Soraja Image
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 1152216

    日本で、衛星測位システム付シューズの販売がスタートした。インターネット・ポータルサイトwordyou.ruが伝えた。この靴を履いている人は、GPS(グローバル・ポジショニング・システム)、または携帯電話やコンピューターの通常のアプリによって追跡が可能だ。

    この最新技術を駆使したシューズの開発者は、スパイ映画の主人公ジェームズ・ボンドのように靴のかかとの部分にトラッカーを埋め込んだ。このトラッカーが、シューズそしてそれをはいている人物の位置をGPSに信号で伝える仕組みだ。

    トラッカーを使用するためには、GPS付シューズを購入後、サイトに所有者の座標を登録する必要がある。そうすれば、心配性の両親は子供の居所を、病院関係者は患者の現在位置を、落ち着いて追跡できる。

    京都の開発メーカー「ウィッシュヘルズ」は「このGPS付シューズは、しばしば家に置き忘れてしまうGPS付メダルより、認知性の人など記憶力に問題のある人の徘徊問題の確実な解決法になるのではないか。ビーコン付のスニーカーは、子供や徘徊者の監督を容易にする」と考えている。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント