00:17 2018年08月21日
天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する

天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する

© AFP 2018 / Justin Tallis
テック&サイエンス
短縮 URL
206631

ケンブリッジ大学の教授で天才物理学者として知られるスティーヴン・ホーキング氏は、人類は21世紀、核兵器や遺伝子改変されたウイルスなど、科学や技術の急速な発展により、深刻な脅威に直面すると考えている。ガーディアン紙が報じた。

ホーキング博士によると、今後10年の間に地球上で人為的大惨事が起こる可能性が高まるという。なお博士は、宇宙に人間が住むためのコロニー(入植地)を建設するには、さらに少なくとも100年は必要だと指摘した。そのため人類は、急いで「成熟」するか、あるいは地球から別の場所へ移るのを急ぐ必要がある。

ホーキング博士は、「ラジオタイムズ」のインタビューで、「我々は、少なくとも今後100年は宇宙で自立型コロニーを建設することはできないだろう。そのため、この間、私たちは非常に慎重になる必要がある」と述べ、「我々は進歩を止めるつもりもなければ、それを後退させるつもりもない。そのため我々は、脅威を識別し、それを管理下に置くことができなければならない」と語った。

タグ
宇宙, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント