10:19 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    豪州の学者ら 砂漠のトゲトゲ草からスーパーコンドームを開発

    豪州の学者ら 砂漠のトゲトゲ草からスーパーコンドームを開発

    © 写真: velkr0
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 83382

    オーストラリア・クイーンズランド大学のダレン・マーティン(Darren Martin)教授と彼の研究グループは、世界で最も薄くて丈夫なコンドームを開発したと発表した。10日、教授らは、大学のサイト上で、この「快挙」を伝えた。

    研究グループは、原料として、大変とげの多い、表面が剛毛で覆われた植物であるスピニフェックス(カヤツリグサ科の植物に見えるイネ科の仲間の植物)という草を使用した。このイネ科の草は、オーストラリアの砂漠地帯に広く生育している。

    開発された新製品は、避妊用コンドームとして強度を試す実験に見事パスした。またスピニフェックスを使ったコンドームは、現在使われているものと比べ、20%強い圧力にも耐え得ることが分かった。

    なお研究グループは、スピニフェックスを利用した新技術は、フィット感に優れ、手の疲れを軽減する超薄型手袋の製造にも使えると期待している。

    タグ
    オーストラリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント