10:01 2017年08月18日
東京+ 25°C
モスクワ+ 18°C
    脳

    新しい脳の地図は単語レベルで思考を読むことを可能にする

    © Flickr/ Allan Ajifo
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 27840

    カリフォルニア大学バークレー校の学者らは人間がそれぞれ別の言葉を思考する際に脳がどのように反応するのかを解明しようとした。研究者らは7人をfMRI(機能的磁気共鳴映像装置)を使った実験の被験者に採用し彼らに2時間のラジオ番組を聴かせた。

    脳内血管の血液と酸素の動きを観察している際に、学者らはどういった言葉が大脳皮質のどの部分に反応を起こさせるかを決定することに成功した。

    学者らは被験者の中で最も異なるタイプの人同士でも脳内の「言葉の地図」はおおよそ同じ様なものになり、その上意味の近い言葉は脳内のほぼ同じ部分に血流を呼び起こすことを発見した。

    こうした研究によって将来、意識はありながらも、例えばドライバーが脳卒中になったり自動車事故が起きた後でなければ話すことができないような人と会話するプログラムを開発することができるようになるだろう。

     

    関連:

    日本政府、研究目的のヒト卵子遺伝子改変を許可
    米国人 冷蔵庫サイズの自動医薬品製造装置を発明
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント