20:55 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    スイスの学者ら永遠の若さの秘密を発見

    スイスの学者ら永遠の若さの秘密を発見

    © Fotolia/ dimitriy
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    11644153

    スイス・ローザンヌの生物学者グループは、損傷を受けた皮膚を再生させる力を持つものの、年齢と共にそうした力を失ってゆく幹細胞を若返らせるために、ビタミンを利用した。この研究の成果は、雑誌「サイエンス(Science)」に発表された。

    皮膚や器官が持つ再生の特質は、哺乳類の場合、年齢を重ねると共に、衰えてゆく事はよく知られている。

    効果的に再生する力が失われる原因は、今回の研究で明らかになったところでは、ミトコンドリアにある。この真核生物の細胞小器官は、細胞を活性化させるのに必要不可欠なエネルギーを生産する中心的な役割を果たしている。ミトコンドリアの活動が悪い場合、幹細胞は、再生機能をうまく発揮できない。

    学者グループは、ニコチンアミドリボシドの助けを借りて、2歳のネズミの幹細胞の中のミトコンドリアの機能を回復させることに成功した。この物質は、構造上はビタミンB3.に似ている。なおニコチンアミドリボシドを高用量で服用しても、いかなる否定的効果は表れなかったが、悪性腫瘍形成につながり得る病原性細胞が活性化してしまうリスクが存在する。

    タグ
    スイス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント