19:28 2017年08月24日
東京+ 31°C
モスクワ+ 18°C
    中学生男子がマヤの失われた都市を発見

    中学生男子がマヤの失われた都市を発見

    © 写真: Kirt Edblom
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 997130

    ケベック(カナダ)の学校に通う15歳の少年ウィリアム・ガドゥリー君がユカタンのジャングルでマヤの失われた都市を発見した。インディペンデントが報じた。

    カナダ宇宙庁(CSA)の衛星マッピングサービスによる発見。

    少年はマヤ人らの知っていた22の星座を研究、117個の都市の場所に対応させた。結果、3つの星からなる第23の星座を発見、うちの2個のみが都市に関連していた。

    こうしてこれまで知られていなかったもうひとつの都市の存在の可能性に気づき、地域の衛星画像を提供するようCSAに求めた。

    そして衛星画像の中に古代都市の遺跡に似ている人工的レリーフ要素を発見した。

    少年は新発見の街をK'aak Chiと名付けた。「炎の口」という意味だ。

    タグ
    災害・ 謎・発見・スキャンダル, カナダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント