18:42 2020年02月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

グーグルの訓練されたニューラルネットワークである人工知能が初めて作曲した作品が、Moogfestイベントで、米国時間で1日、披露された。Tech Timesが伝えた。

グーグルの科学研究プロジェクト「Magenta」は、機械は果たして絵を描き、音楽を作曲できるかという課題に答えることを、その目的にしている。

作曲された作品は、90秒のピアノの旋律で、4枚の楽譜からなる。楽器の鍵盤で遊ぶ子供の「創作物」を愛する人なら、気に入るかもしれない。

しかし研究者の捉え方は、もっと楽観的だ。人工知能から独自の音楽や絵画を作り出す「Project Magenta」は、昨年スタートしたばかりだ。そして今年もう、機械学習技術が作曲したとなれば、それは大きな一歩と評価している。

タグ
音楽, Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント