00:45 2019年01月23日
太陽の黒点がすべて消えた

太陽の黒点がすべて消えた

© Sputnik / Vladimir Sergeev
テック&サイエンス
短縮 URL
2123

コロナ質量放出や磁気嵐を引き起こす太陽黒点が、2年ぶりに消えた。専門ポータルSpace.comが伝えた。

活動がピークを迎えた2014年4月、天文学者たちは太陽に116個の黒点があるのを観測した。だが6月3日から現在に至るまで太陽に黒点は見当たらない。太陽の活動が低下する時期が訪れる見込み。

なお活動の低下は人類にとってはあまりよくない。このような停滞時期、地球の大気の上部は冷たくなり、より密になる。これにより全ての宇宙ゴミの軌道が変わり、地球に落下する恐れがある。またさらに、弱まった太陽風が太陽圏を狭める。結果、太陽圏が地球を宇宙線から守る力が弱まる。

しかしコロナ質量放出の減少で磁気嵐の回数が少なくなり、気候の影響を受けやすい人々は健康上の問題が少なくなると思われる。

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント