02:52 2018年10月22日
「ひとみ」

失われた日本の衛星の、通信が途絶える前のデータ、掲載 (写真、動画)

© 写真: Hitomi Collaboration/JAXA, NASA, ESA, SRON, CSA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32

「ひとみ」研究チームが、同盟の人工衛星「ひとみ」が壊れる少し前に得られたデータを科学誌ネイチャーに掲載した。

地球から2億500万光年以上離れたところにある、ペルセウス座の銀河団であるペルセウス座銀河団の中心部の北西部を記録したデータが学者チームにより得られた。学者チームには、国立原子力研究大学「モスクワ工業物理大学」のロシア人教授、フェリックス・アガロニャン氏が参加している。

人工衛星「ひとみ」は、硬X線帯で銀河を調査するため2016年2月17日に発射された。「ひとみ」は日本で最も重い人工衛星となった。同年3月には「ひとみ」との通信が途絶え、少し時間がたってから「ひとみ」の破片が観測された。事故の原因は姿勢制御系の障害とソフトウェアのバグだと見られている。

チェブラーシカが宇宙飛行士とともにISSに搭乗したと、以前ニュースになった

タグ
宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント