07:15 2018年06月20日
アルコール

アルコール、がんの直接の原因と認定

© Fotolia / Karlosk
テック&サイエンス
短縮 URL
447

ニュージーランドのオタワ大学の医師による研究は、アルコール摂取はがん促進の直接の原因となると示した。論文は「Addiction」誌に掲載された。

アルコール摂取によって罹患、悪化するがんには、中咽頭、喉頭、食道、肝臓、結腸、直腸および乳房のがんがある。

研究データによると、アルコールは2012年全世界でのガンによる死亡件数の5.8%つまり約50万件の原因となったという。最も高いリスクはアルコールの暴飲に関係しているが、少量ないし節度を保った飲酒もまた、安全とは考えられないと研究者は述べている。

前に、同様の研究チームはたとえ少量でもアルコール摂取によって老後、ガンによって死ぬ確率が高くなると関連付けた。

先に伝えられたところによると、ロシアのアルコール消費量は5年間でほぼ3分の1減少し、アルコール中毒の件数も同程度減少した

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント