00:17 2018年08月21日
学者ら、誕生年がセックス回数に与える影響を明らかに

学者ら、誕生年がセックス回数に与える影響を明らかに

© Fotolia / Antonioguillem
テック&サイエンス
短縮 URL
0 2329

学者たちは調査を実施し、X世代(1965―1980年生まれ)の人々こそが真の異常性欲者であることを明らかにした。彼らはY世代(1981年以降生まれ)より遥かに頻繁に性交を行う。「性行動アーカイブ」誌で発表された。

調査には両方の世代を合わせて約2万8000人が参加した。結果、1990年代に生まれた人の15%が18歳以降性交渉をしていないことが分かった。

一方X世代は同じ指標が6%だった。高校生以下の性交渉の数も大幅に減少した。

これによりY世代の性的放縦に関する神話が反証された。この世代は安全性とパートナーの選択についてより深刻な態度をとっている。両親の世代よりもポルノにアクセスし易くなっていることも一因だという。

先に伝えられたところによると、心理学者達は「年配者にとってセックスは、若者にとってと同じくらい重要だ」との結論に達した。

関連:

テレビFox News社長 セックス・スキャンダルで辞職
日本人熟年男性 実の妻を捨て「セックス・ドール」と暮らす(写真)
ロシア教師 セックス・スキャンダルの後 女生徒を「IS」に関係していると非難
タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント