07:35 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    大型ハドロン衝突型加速器

    大型ハドロン衝突型加速器は強力な地震の原因になる可能性ーマスコミ

    Maximilien Brice, Claudia Marcelloni © CERN
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    3306

    すでに数人のアナリストが、強力な地震は大型ハドロン衝突型加速器(LHC)作動の結果だと自信を持っている。英タブロイド紙デイリー・エクスプレスがこのような仮説を掲載した。

    専門家によると、16年4月に起きた地震は、まさにその時間テストされていたLHCからの大きなエネルギー放出によってもたらされたという。

    地震はの震度は7だった。その後、LHCの実験は停止された。記者会見では、停止はイタチが電力ケーブルをかじりショートしたためだと述べられた。

    公式見解に賛成していないのは、LHCの安全性を監視する権限を持つ研究者タマラ・レント氏だ。タマラ氏は、停止は、粒子の衝突は地震を起こすという予期せぬ効果の発見によりなされたと断言している。
    その証拠にタマラ氏は、15年に約80人が死亡したネパールで強い地震が起きたのはLHC機動の15分後だったという驚くべき符合を示した。

    先に伝えられたところによると、日本で、高エネルギー加速器SuperKEKB(スーパーケックビー)の運転が始まった

    関連:

    チェコの物理学者:大型ハドロン衝突型加速器の上に現れた「異次元への出入り口」はジャーナリストらが考え出したもの
    ハドロン衝突型加速器に関するデータ数百テラバイト分、インターネットで公開
    世界最大の超「衝突型加速器」、ロシア人研究者のプロジェクトが建設に採用
    タグ
    地震
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント