01:42 2020年10月31日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 101
でフォローする

国際的な天文学者チームが海王星の軌道の向こうに未知の天体を発見した。愛称はニク。arXiv.orgで発表された。

​ニクは海王星より16万倍暗い天体であり、これは直径が200キロ未満であることを意味する。異常な点は、軌道が巨大な惑星が複数存在する太陽系の平面に対して110度の角度で傾斜しているという点。

軌道も太陽系の天体としては極めて異例で、他の多くの天体とは逆向きに公転している。ニクという名称も中国語の「反抗的」という意味の単語から来ている。

科学の関連ニュースはこちらから。

関連:

火星 11年ぶりに地球に最接近
米ロ、火星・月へのロードマップ作成
タグ
科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント