01:37 2019年12月07日
ローンの支払いをしている学生はうつ病やアルコール依存症の陥る傾向が高い

英国学者:ローンの支払いをしている学生はうつ病やアルコール依存症の陥る傾向が高い

© 写真 : Jeffrey
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13
でフォローする

英国サウサンプトン大学が行った調査によれば、学生ローンの支払いに困難を感じている学生は、通常の学生に比べ、うつ病になったりアルコール依存症になったりする傾向がある。ポータル・サイトindependent.co.ukが伝えた。

調査結果によれば、高等教育機関で学んでいる学生で、在学期間中、学生ローンの支払いが難しい若者達は、絶えず不安を感じており、しばしばアルコール飲料を摂取するようになる。

一方、経済的理由により大学での勉学を放棄した若者達は、徐々に精神的健康が侵されてゆく傾向がある、とのことだ。

英国の複数の大学で2014年と2015年を比較したところ、学生達の精神的状態が、目立って悪化していることが分かった。今年の初め、大学に伝えられた救急車の緊急呼び出しは24件だったが、その半分は、自殺を試みた学生に関するものだった。

前に、重度のうつ病を促進する可能性のある15のDHA領域と突然変異が見つかったと報じられた。

関連:

学者ら、誕生年がセックス回数に与える影響を明らかに
気の狂ったモスクワ:大都市の代表的な患者7タイプ
最も危険なセックス体位、研究者が発表
タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント