18:03 2017年06月29日
東京+ 28°C
モスクワ+ 20°C
    学説:愛は脳に働くよう強いる

    学説:愛は脳に働くよう強いる

    © 写真: Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    185870

    中国の研究グループが科学的方法で人間の愛の脳の活動に対する刺激効果を証明した。恋愛感情と脳の構造の活発さの相互関係を特定するために、ボランティアからなる数グループが実験に参加した。

    第1グループには両思いの幸せな人たち、第2グループにはパートナーと最近別れた人たち、第3グループには完全に独りな人が入った。

    何よりも、参加者には何も考えないよう努力するようお願いをされて、同時に脳の構造の活発さが計測された。

    この独自の研究の結果は、恋している人は、モチベーション、感情、報酬と社会的認知を司る脳の部分が最も活発であることが明らかになった。第2グループの参加者の脳も同様の違いが見られたが、全プロセスの強度は第1グループより目だって低かった。そして孤独な人たちは、ああ、全領域での活発さの持続的な下落が見られた。

    関連:

    インターネットが性欲を減退させている
    女性が性的魅力のピークを迎える年齢は?
    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント