14:56 2019年08月26日
地球温暖化

学者、夏季五輪の終わりを予測

© 写真 : Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
135

米バークリー州のカリフォルニア大学の気象学者チームは、2084年までには地球温暖化によって夏季五輪を世界の大多数の国で開催することが不可能になると発見した。気温がアスリートと観客にとって耐え切れないほど暑くなるという。

世界的医学誌『ランセット』に論文が掲載され、ギズモードが短くまとめ報じた。

気温、湿度、熱放射と風速が考慮されこのような結論に至った。最低60万の人口が住んでいて、IOCが五輪開催の要求によると五輪開催が可能な都市のみが調べられた。

これらの基準によると、ラテンアメリカとアフリカでは21世紀末からは夏季五輪開催が不可能になり、西欧では25都市が開催可能として残る。他の地域では次のたった8都市のみが夏季五輪に適したものとなる。サンクトペテルブルク、クラスノヤルスク、リガ、ビシュケク、ウランバートル、サンフランシスコ、バンクーバー、カルガリーだ。

先に報じられたところ、マンモスの最後の群れの1つは飲料水不足が理由で絶滅したとの結論に研究者グループは至った。

関連:

グリーンランドの氷 記録的減少
ニューヨークに地球温暖化の脅威。学者、犠牲者計算
タグ
五輪, 学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント