10:23 2017年09月24日
東京+ 23°C
モスクワ+ 5°C
    脳

    スポーツを10日間やめただけでも脳の活動に悪影響を及ぼす

    © Flickr/ Allan Ajifo
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 120641

    米国の学者たちは、通常行動的なライフスタイルを送っている人が10日間スポーツをやめると、脳の機能が悪くなることを明らかにした。Frontiers in Aging Neuroscienceが、この詳細について伝えた。

    学者たちが行った研究には、15年間にわたって積極的にスポーツに取り組んできた50歳から80歳(平均年齢61歳)の男女が参加した。研究の過程で全ての参加者たちは10日間スポーツをやめるよう求められた。その後、学者たちはMRIをつかって参加者たちの脳をスキャンした。

    結果、10日間スポーツをしなかった男性および女性の、特に記憶や情動をつかさどる海馬などの脳各部への血液流入が非常に遅くなったことが分かった。

    学者たちは研究結果について、スポーツに取り組んでいる人々は、それがたとえ10日間だとしても、スポーツを完全にやめてはいけないことを物語っていると述べている。

    先に伝えられたところによると、ケンブリッジ大学とハーバード大学の研究者が、わずかな余分な体重でさえ、寿命を縮める可能性があると特定した

    関連:

    ベルギー、英国から3000の精神障害者の脳を受け取る
    タグ
    学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント