15:44 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    バクテリア

    抗生物質に耐性を持つ新たなバクテリアが発見

    © Flickr/ NIAID
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    174107

    米国の研究者が、広い範囲の抗生物質や、非常に強力な薬であるコリスチンにすら耐性を持つ初めての大腸菌の菌株を発見した。論文は科学誌『mBio』に掲載された。

    菌株は2014年複雑性尿路感染症を患う74歳のインドからの移民の体内から採取された。分析によって、バクテリアは抗生物質への耐性を促進するMCR-1やblaNDM-5遺伝子を有することが示された。

    バクテリアは、DNAの小さいセグメントであるプラスミドに位置している。プラスミドは別のバクテリアに移動することができる。結果薬剤への耐性は他のバクテリアにも広がる可能性がある。

    研究者は、この菌株は大規模感染に至らなかったが、抗生物質への耐性を持つ他の危険な菌株が存在する可能性は除外できないと述べている。

    先に伝えられたところによると、ある種のがんは、ウイルスによって発病が促進される可能性がある

    関連:

    天然鉱物の「抗がん剤」は、罹患していなかった人にもがんを引き起こす危険性
    ナノサイボーグ軍によりがんを殲滅
    タグ
    科学, 医療
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント