19:01 2019年10月18日
科学者:地球の大気が酸素を失っている

科学者:地球の大気が酸素を失っている

© 写真: Roscosmos/Oleg Skripochka
テック&サイエンス
短縮 URL
0 85
でフォローする

科学者らは、地球の大気が酸素を失っていることを発見した。生命活動に欠かせない酸素はこの80万年間に0.7%減少した。サイエンス誌で発表された。

グリーンランドや南極の氷のサンプルを分析することによって、過去数十万年にわたって大気中の酸素濃度のレベルを調べた。氷には気泡があり、そこに過去の大気組成に関する情報が含まれている。酸素と窒素の比を調べ、減少が判明した。

いくつかの説明が提示されている。まず、侵食速度の増加で酸化プロセスが強められている可能性。第二に、人間の活動に由来する気候変動を考慮しなければ、この数百万年間水圏の平均気温は減少しており、海がより多くの酸素を溶解することができた。

先に科学者らは将来地球を新たな絶滅の波が襲う可能性があると報告した。

関連:

頭部移植手術成功
旧聖書の原典が解読
タグ
学説, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント