22:56 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

米気象学者が。長年跡形もなく多くの船が消え去っている有名なバミューダトライアングルの謎を解く新たな説明を発見した。学者たちは、この海域上空に形成されている6角形の雲に全ての原因があると考えている。雲は大気中で爆発し、乱流ゾーンの形成を導く。英インデペンデント紙が報じた。

専門家たちは、6角形の「空の爆弾」は爆発後に強い空気の流れを形成し、水面へと下に向かうと断言した。その結果、乱流ゾーンが発生し、その場に船や、時に飛行機さえも引きずりこまれる。

この伝説的な異常海域は米マイアミの南に位置する。神秘的な三角形の頂点は米フロリダ州、バミューダ諸島、プエルトリコにある。

先に伝えられたところ、米学者がニューヨークは2100年以降に水没すると予測した

関連:

世界気象機関、大気圏のCO2濃度が最高値
月の北極点で巨大建造物発見(写真)
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント