12:49 2019年06月17日
学者、寿命を1.5倍にする方法を知る

学者、寿命を1.5倍にする方法を知る

© AP Photo / Wong Maye-E
テック&サイエンス
短縮 URL
1119

どうすれば人間の寿命を1.5倍にできるのかが明らかになった。驚くべき発見をしたのは、米カリフォルニア州のバック国立老化研究所。

ブライアン・ケネディ氏の指導のもと、専門家は出芽酵母「Saccharomyces cerevisiae」を対象に一連の実験を行った。結果、除去することで寿命に影響を与える可能性のある238の遺伝子が発見された。その意味で最も効果的なのは、「LOS1」を欠失させることであり、この遺伝子が改変された酵母は、他の酵母より60%長く生きた。

学者たちは、老化プロセスに影響を与える、発見された遺伝子の半分が哺乳類にも備わっていると指摘。学者たちは、将来的に何らかの遺伝子を欠失することで人間の寿命を伸ばすことが可能になると期待している。

実験の結果は科学誌『Cell Metabolism』に掲載された。

先に伝えられたところ、米学者が、喫煙者にはアルツハイマー病が2倍頻繁にみられると確認した。

関連:

科学者ら、初めて「放浪」ブラックホールを発見
鳥が互いに衝突しないのはなぜか、科学者が解明
タグ
科学, 医療
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント