06:55 2020年10月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11
でフォローする

米カリフォルニア大学の研究員は、背骨の病気は性関係に問題をもたらすとの結論に達した。

中でも学者らは、外科手術を必要とする管狭窄症を、最も危険で急速に進行する疾患であるとしている。背骨は、積極的な性生活を営む上で、ある種の「レバー」の役割を果たす。専門家らは、疾患のある段階では、セックスの肉体的能力をなくしてしまう場合もありうる、という点に着目した。

一方この事は、多くのカップルが別れる原因ともなっている。研究者達は、背中の部分に病気の最初の兆候を感じたら、医療援助を受けるため医者にかかる必要があるとアドバイスしている。

専門家らは、背骨に痛みを感じる男性は、それによってセックスに注意を集中できず、そのため性的コンタクトの時間が短くなったり、時には全くそれがなくなってしまうのだと説明している。

先に伝えられたところによると、英国の科学者が一時的に精子を「武装解除」する男性用の薬剤を開発した。

関連:

脳インプラントにより麻痺状態のマカクザルを歩かせることに成功、学者
日本の学者、10代のうつを治す方法を発見
タグ
科学, 医療
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント