07:16 2017年10月24日
東京+ 14°C
モスクワ-1°C
    学者、最高齢と最年少の母親住む国特定

    学者、最高齢と最年少の母親住む国特定

    © Fotolia/ dubova
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 100741

    個々の国の伝統や気候、経済という特色を考慮せずに理想的な出産年齢を語ることはできないという結論に学者は至った。

    ギリシャの女性は31歳以降に母親になることを好むが、ドイツやスロベニア、ポルトガル女性は29歳に第一子を出産する。更に一連の諸国が同様の数値プラスマイナス1、2歳の差だった。

    オーストリアやノルウェー、英国、フィンランド、スウェーデン、カナダの女性は28歳に、チェコやクロアチア、スロバキア、ニュージーランドの女性は27歳で子供を生む。

    韓国では30歳以降、オーストラリアも30歳で女性は子供を持つ。

    統計上は、ロシア女性はおよそ25歳で母親になるが、専門家が指摘するところ、年齢上昇の傾向がある。

    ナイジェリアやバングラデシュ、アンゴラ、チャドや他の開発途上国の女性は早くに大人になる必要があり、18歳になってすぐに第一子を生む。

    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント