17:10 2017年03月24日
東京+ 11°C
モスクワ+ 5°C
    天文学者 1日の長さが25時間になる時期について語る

    天文学者 1日の長さが25時間になる時期について語る

    © Sputnik/ Mihail Mokrushin
    サイエンス
    短縮 URL
    179050

    英ダラム大学の天文学者チームは、ある時地球の1日の長さが24時間ではなく25時間になるとの結論に達した。

    学者たちは、紀元前720年から2015年までの日食と月食のデータを研究し、このような結論を導き出した。英国の天文学者たちによると、地球の自転速度は徐々に遅くなっている。Sky Newsが伝えた。

    学者たちは、地球の自転速度の変化を調査し、地球の自転は100年間で1.8ミリ秒ずつ遅くなっているとの結論に達した。そのため約2億年後に地球の1日の長さは25時間になるという。

    先にNASAの惑星学者は太陽系における人間の植民地として最も適した天体を突き止めた。

    関連:

    NASA、笑顔の太陽の写真を公表
    中国人宇宙飛行士 宇宙で聞いた「ノックする音」について語る
    タグ
    学説, 科学, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント