14:39 2018年01月24日
東京+ 7°C
モスクワ-9°C
    米学者グループ:毎日20分のアクティヴ・フォーキングが体内の炎症を抑える

    米学者グループ:毎日20分のアクティヴ・フォーキングが体内の炎症を抑える

    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 110

    米カリフォルニア大学の学者グループは、調査実施後、毎日20分間の歩行(ウォーキング)が人の健康に好ましい影響を与えるとの結論に達した。なぜなら体内の炎症の程度を、5%近く抑えるからだという。

    ただ専門家らによれば、歩行は十分アクティヴに行う必要がある。例えば、特別のトレーニングマシンを利用したり、あるいは、スティクを手にした所謂「ノルディク・ウオーキング」のようなものでなくてはならない。

    研究チームのチーフであるスージー・ホン氏は「こうしたトレーニングは、身体全体にも、また免疫システムにも大きな影響を与える」と指摘している。つまり、ウォーキングの間、体内では、免疫細胞の中に含まれるアドレナリン受容体β-2の活動が活発化する。それにより、体内の変化が引き起こされるとのことだ。

    今回の研究は、速足歩行を含め全部で20分から30分の運動で十分であり、そうした運動が抗炎症作用を活性化させることを裏付けた。

    関連:

    第二次世界大戦で軍務についていた93歳が2年間で米国中を完走する
    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント