13:03 2018年01月23日
東京+ 8°C
モスクワ-9°C
    学者 クサリヘビが噛みつくのに要する速度を測定する

    学者 クサリヘビが噛みつくのに要する速度を測定する

    © 写真: Zdeněk Fric
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 20

    生物学者たちが、クサリヘビやガラガラヘビが獲物に噛みつくのに要する正確な速度を初めて測定した。ヘビはわずか79ミリ秒で時速100キロに達する。Scientific Reportsが伝えた。

    学者たちは、米南西部のモハーヴェ砂漠でコンピュータに接続されたカメラトラップを使って調査を実施した。

    ヘビは、げっ歯類の動物が射程内に入ってから平均60-70ミリ秒後に噛みついている。この間にヘビの頭は約12-16センチ飛ぶように動く。移動の速度は秒速3.5メートルで、毎秒秒速170-506メートルずつ加速する。これは自動車のエアバッグの作動速度に匹敵する。

    一方で、このような驚くほどの速さであっても、多くのげっ歯類の動物がヘビの攻撃に反応し、脚の筋肉の「バネ」を使って逃げることに成功している。
    これまでの報道でモスクワの都心で役人らによるヘビの捕り物騒ぎがあったことが明らかにされた。

    関連:

    猫の代わりに狐を飼うとどうなるの?
    南極のトイレはどう使うのか?【動画】
    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント