05:38 2018年12月18日
声で診断することは可能か?

声で診断することは可能か?

© Fotolia / luismolinero
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

米国でパーキンソン病や認知症を含む一連の神経疾患および認知疾患の兆候をみつけるために人工知能を使った会話分析方法が開発されている。

同研究の主な目的は、病気を初期段階で見つけること。なぜなら医師たちにとって目立たない症状を判断するのは時に非常に難しいことだからだ。

米国のベンチャー企業Canary Speechは、アルゴリズムを作成するためにアルツハイマーや認知症、パーキンソン病の患者たちの会話の特性を観察した。そして使用される単語の種類、フレーズの組み立て方の特徴、会話の全体的な質などを含む、病気の複数の兆候が判別された。例えば、声のトーンダウンが病気の兆候の一つとされた。

市場で音声による操作が可能な電子機器やデジタル化された会話の録音が増えれば増えるほど、得られたデータを分析する機会が増えることになる。

先に、日本の学者グループが、HPVワクチンは脳にとって危険であると発表した。日本の学者たちの研究は、学術界から激しい批判を浴びた。

関連:

結核予防ワクチンが100年ぶりに開発
天才の出現率の低下が科学的に証明
タグ
医療, 学説, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント