10:52 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    目の不自由な人もポルノ映画を楽しめるようになった

    目の不自由な人もポルノ映画を楽しめるようになった

    © Fotolia/ Oran Tantapakul
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 157670

    目の不自由な人たちもポルノ映画を楽しめるようになった。目の不自由な人たちの番が訪れた。ポルノ映画産業は、目は不自由だが耳はよく聞こえる大人のための映画のリリースに取り組んだ。

    このアダルト映画のポイントは「聞くこと」。俳優たちが悩ましげな声で着ている服やその様子を詳細に語り、どのようにセックスをしているかを詳しく説明する。

    すでに50本の動画が制作され、ネットで公開されている。映画は大きな需要があるため、さらにたくさんの動画が制作される予定だという。

    サイト利用者による「ポルノ音声」の視聴回数は2万回を超えたという。

    それより前に国際研究グループが、視覚障害者は鮮やかな夢を見ることができると証明した。専門家が明らかにしたところ、視覚障害者もまた、視覚障害を持たない人のように頻繁に夢を見るが、視覚障害者の夢には匂いと味、音が 色濃く現れる。

    関連:

    適度な空腹は寿命を延ばす
    日本のセックス産業は性病を蔓延させている?
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント