10:09 2019年07月21日
学者らが恐竜と同じ時代に生息していた巨大ペンギンの骨を発見

学者らが恐竜と同じ時代に生息していた巨大ペンギンの骨を発見

© Fotolia / Giv58
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

独ゼンケンベルク研究所の専門家らが、ニュージーランドで古代の巨大ペンギンの骨を発見した。

専門家らは、この巨大ペンギンとその同種は恐竜が存在していた時代に地球で暮らしていたと考えている。ニュージーランドのある島でペンギンに似た大型動物の骨が発見された。その体高はおよそ150センチ。

骨の他に飛べない鳥の足の一部も見つかった。学者らは詳細な分析を行い、大型ペンギンの年齢を明らかにした。結果、この巨大ペンギンは約6100万年前、すなわち地球に恐竜が住んでいた時代に地球に生息していたことが分かった。

この発見は、鳥、そして飛べない動物の進化に関する見解の見直しを可能とした。学者らは、ニュージーランドの南島およびワイパラ川近くでの発見に基づき、地球にはその昔先に考えられていたよりもはるかに多くの動物種が生息していたとの結論を導き出した。進化の初期段階では、ペンギンを含む鳥の亜種もたくさんいた。

タグ
動物, 学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント