12:59 2017年08月17日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    研究チームーヒトの脳における意識の源を発見

    研究チームーヒトの脳における意識の源を発見

    © 写真: Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    2451871

    クリストフ・コッホ教授率いる神経生物学者の研究チームが、脳の一領域である前障が意識の源かもしれないとの証拠を発見した。米科学誌『ネイチャー』が報じた。

    血液
    © Fotolia/ Angellodeco
    前障は白質深くにある大脳皮質の下に位置する灰白質だ。詳細な研究のため、チームはマウスの脳の神経生物学的調査を行った。

    チームが前障から出るニューロンをスキャンしたところ、うち1つが非常に長かったことを発見した。長いニューロンは脳の外側の層の周りを巻き、脳の様々な領域と接触していた。コッホ教授によるとこれは、前障が中枢神経系の諸領域間の繋がりを保障し、意識を形成していることを物語っている。

    論文の詳細は次のリンク先から知ることができます。

    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント