05:19 2018年01月23日
東京+ 0°C
モスクワ-10°C
    巨大な隕石が2017年に地球に衝突の可能性

    巨大な隕石が2017年に地球に衝突の可能性

    © Fotolia/ Johan Swanepoel
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1158

    チェリャビンスク隕石の約2倍の大きさの隕石が、再び地球を脅かしている。

    テキサス大学のジュディス·リース天文学者は、新たな小惑星2012 ТС4を発見した。リース氏によると、小惑星2012 ТС4は、2017年10月12日に地球に接近し、もしかしたら地球と衝突する可能性があるという。

    なおこの小惑星は、まだ地球から遠く離れ場所にある。

    小惑星の直径は約40メートル。これは2013年2月にロシアのチェリャビンスクに落下した隕石の約2倍の大きさだ。

    小惑星2012 ТС4は、衝突した地域に取り返しのつかない被害を与える恐れがある。

    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント