11:14 2017年10月23日
東京+ 21°C
モスクワ0°C
    「発泡プラスチック」でできた巨大な惑星が発見される

    「発泡プラスチック」でできた巨大な惑星が発見される

    © 写真: Walter Robinson/Lehigh University
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 4150121

    天文学者らが、ろくぶんぎ座で、発泡プラスチックのように軽い物質でできている非常に珍しい太陽系外惑星を発見した。Astronomical Journalに掲載された記事の中で述べられている。

    スプートニク日本

    米ペンシルバニア州ベスレヘムにあるリーハイ大学の学者ジョシュア・ペッパー氏は「この惑星は文字通りの意味で『ふくらんだ』。惑星は木星のおよそ5分の1の重さだが、大きさはその40%以上だ」と述べた。

    またペッパー氏は、この惑星は密度の点で発泡プラスチックと似ていると指摘した。

    天文学者らは最近10年間で数千個の太陽系外惑星を発見した。その一部は、大きさや構造で地球と似ていた。

    惑星科学者たちは現在、それらの惑星に生命が存在するか否かを評価し、形成の歴史を明らかにするため、惑星の大気の研究に積極的に取り組んでいる。

    タグ
    発見, 科学, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント