12:20 2020年10月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
133
でフォローする

経済協力開発機構(OECD)によると、肥満と診断された人が最も多い国は米国。15歳以上の米国人38.2%が肥満であり、2030年には45%に上がる可能性がある。

スプートニク日本

ワースト2位はメキシコで、肥満率は32.4%。2030年までに39%に到達する可能性がある。

3位はニュージーランドで30.7%。肥満率が最も低いのは日本で、3.7%だった。

先ほど、今日人気のある「軽いタバコ」は、最も活発な肺がんの一つ、肺腺がんを引き起こすため、特に危険であることがわかった。

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント