09:17 2018年07月19日
気候変

大都市の気温は8度暑くなる 研究結果

© 写真 : Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
122

2100年までに大都市での平均気温が8度上がる。論文は『the journal Nature Climate Change』に掲載。概要はジャパンタイムズが報じた。

スプートニク日本

世界で最も汚い場所が発表される
© AP Photo / Jennifer Lavers
この予測は、大気中の温暖化ガスが21世紀中に増え続けるとの仮定のもと出された。

大都市は温暖化の影響を2倍強く受ける。データによると、地球温暖化によって気温は5度ほど上昇。残りの数度はいわゆる「ヒートアイランド現象」によって上がる。この現象は、自然や木々がアスファルトやコンクリートによって大きく圧迫されている大都市に特徴的で、都市部の気温が周辺の郊外よりも高くなる。

このような気温の急上昇は都市に住む人の健康に悪影響を及ぼす可能性があり、労働能力の減少と、その帰結としての金銭的損失を引き起こす。さらに、温暖化はそれでなくとも豊富でない水源に影響する。

研究者の計算によると、2050年までに大都市の国内総生産(GDP)は1.4%から1.7%減少し、2100年までには2.3%から5.6%、さらに状況が悪い都市では損失が10.9%になる可能性がある。

これに関連して、植樹や道や屋根の冷却といった当局によるヒートアイランド現象対策は、将来的な気温の急上昇を防ぐのに大きな役割を果たす可能性があると研究チームは指摘する。

また、世界をリードする気候学者のいくつかの研究の中では一致して、予測を誤り、我々は温暖化を安定化させる機を逸してしまったとの意見が述べられている。

タグ
科学研究, 科学, 地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント