14:23 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    学者ー最も健康に悪い食事とは

    学者 最も健康に悪い食事とは

    © Fotolia/ Andrey Popov
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    112164127

    ハイファ大学の研究チームが5年間、様々な食事の人体への影響を調べた結果、実権の参加者半数に、鬱や神経症といった精神の乱れの進行が見られた。

    スプートニク日本

    研究チームによると、味のない食事は感情を全体的に低下させ、少なくとも慢性疲労を引き起こす。また、好みでない食材摂取による精神的な圧迫はたびたび、神経障害に繋がる。

    「1品ダイエット」を長期間遵守している人には、代謝の乱れと、糖尿病のときのように体内でのケトン体の蓄積が確認された。グルコース不足は脳の枯渇と心臓の筋肉の衰えを導く。さらに、長期間の1品ダイエットは脚気を進行させ、免疫機能を低下させる。

    飢餓療法は場合によっては脳の白質の枯渇を導く可能性がある。ローフードダイエットローフードダイエットは胃腸管の異常を、塩と砂糖の排除は脳と心臓の機能異常を引き起こす可能性がある。

    先の報道によると、専門家らは、正しい断食が何をもたらすのかについて、まず第一に、健康な脳細胞数の復活、免疫システムの強化、そして安眠その他の肯定的結果を挙げている。

    タグ
    ダイエット, 健康, 食べ物, 食料, 食品
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント