19:28 2018年09月24日
視覚障害者はどんな夢をみるか、学者が語る

視覚障害者はどんな夢をみるか、学者が語る

© Fotolia / Jjdjuanci
テック&サイエンス
短縮 URL
262

国際研究グループが、視覚障害者は鮮やかな夢を見ることができると証明した。専門家が明らかにしたところ、視覚障害者もまた、視覚障害を持たない人のように頻繁に夢を見るが、視覚障害者の夢には匂いと味、音が 色濃く現れる。

スプートニク日本

視覚障害者も夢を見ることができるという学者の発見のうち最も興味深い事実は、彼らの夢に暴力が含まれていないということだ。多数の被験者が参加した10年間の研究の後、視覚障害者の夢では、その人がその日にイメージしたものが多く映像化されるという。

さらに、視覚障害者は夢を見ている時、味、匂い、痛み、恐怖の感覚を感じる。

夢の中の映像をみれるのは、6歳までに視覚を失わなかった人だけだ。

先の報道によると、生まれつき盲目のトビー・オットーさんは最も難しいとされるビデオゲームでさえこなし、オンラインでほかのユーザーと戦っている。

タグ
研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント